ノート e-power グレード 比較

ノートe-powerのグレードごとの比較をこのページではしてみたいと思います。

ノートの主要グレードのグレード別の価格は以下のとおりです。

グレード 駆動 価格
S FF  1,772,280円
X FF  1,959,120円
MEDALIST FF  2,244,240円

ノートe-powerのグレードによる装備の違いをまとめます。

ノート e-power グレード 違い

ここからグレード別に装備の違いを詳しく解説していきます。

ノートe-powerグレードによる違い「S」

「S」グレードは燃費が一番良くて最安値のグレードです。

ただ、車体を軽くして燃費を良くすることだけを目的に設定された燃費スペシャルなグレードと考えて良いです。

通常必要な装備が無さすぎです。

例えばエアコンは無しで「ヒーター」のみ装備、パワーウィンドウは前席のみで後席ウィンドウの開閉は手回し式(懐かしい!)、純正ナビは装備できない、などなど。

インテリジェンスエマージェンシーブレーキも装備できません。

実用性は全く無いので、まず選ばれることの無いグレードだと思います。

レース仕様とかで購入するぐらいしか選ぶ理由は無いでしょう。

ノートe-powerグレードによる違い「X」

「X」からが実際に購入する際に検討することになるグレードです。

「S」と比べると価格は「+18万6840円」で、追加される装備も概ね「18万円」ほどと考えて良いです。

装備が追加される分カタログ燃費は下がるのですが、それは車両重量が「40kg」違うことが理由です。

これは、大人が一人乗れば埋まってしまう差なので、そこまで燃費の違いは考える必要は無いと思います。

装備の違いとしては、「S」に無いと書いた装備は「インテリジェンスエマージェンシーブレーキ」を含めて標準装備になります。

これは上級グレードの「MEDALLIST」も同じですが、「踏み間違い衝突防止アシスト」「インテリジェントアラウンドビューモニター」「スマートルームミラー」がメーカーオプションで装備できるようになります。

ただ、タイヤに関しては「S」が15インチなのに対して「X」は14インチ。

その分価格を抑えているということだと思います。

ノートe-powerグレードによる違い「MEDALLIST」

標準グレードとしては「MEDALLIST」が最上級グレードの扱いです。

「X」に「+28万5120円」で、LEDヘッドライト、フォグランプ、15インチアルミホイール、シート生地ジャガード繊維+合皮、本革巻きハンドルなどが追加装備。

ただ、「X」から追加装備された内容を見ると「23万円」ほどの価値が妥当という評価もあり、「X」からの価格上昇に見合った価値が「MEDALLIST」にあるのかはちょっと疑問もあります。

「X」に無い内外装の質感を求めるのでなければ、「MEDALLIST」にせずに「X」に「LEDヘッドライト」など必要な装備をオプション装着した方がいいかもしれません。

管理人プロフィール
元ディーラーセールスの30代男性。
自動車業界歴は10年以上。
現在もノートe-powerを含めて、多数試乗するなど、新車情報を集めてネットで情報発進しています。

 

© 2018 ノート e-power 値引き rss